不動産担保ローンは銀行だけでなく、ノンバンクでも取り扱っています。

銀行とノンバンクの不動産担保ローンの違いを挙げておきますので、比較して検討してみると良いでしょう。

《銀行のメリットとデメリット》

銀行とノンバンクのそれぞれのメリットとデメリットを比較して、それぞれの特徴を理解するようにしましょう。

まず銀行の不動産担保ローンのメリットですが、金利が低めであること、住宅ローンを利用している(していた)銀行であればより有利であることなどがあります。

デメリットは融資実行までに時間がかかる、不動産評価額がやや低めである、審査がノンバンクよりも厳しい、保証会社の保証が必須となることがあるなどです。

《ノンバンクのメリットとデメリット》

ノンバンクの不動産担保ローンのメリットは、融資実行までが早い、業者ごとの独自基準で審査するので銀行より審査が甘い、担当者の裁量によって柔軟に対応可能、評価額がやや高めなどがあります。

一方デメリットは金利がやや高めであること、業者によって条件や対応が違うなどが挙げられます。

《大手ノンバンクもおすすめ》

金利は銀行よりもやや高めですが、融資実行までの期間が短いため、時間に余裕がない、すぐにでも借りたいという場合は大手のノンバンク数社に相談してみると良いでしょう。

東京には銀行だけでなくノンバンクの業者がたくさんあります。

銀行数社とノンバンク数社に相談してみて、金利や融資実行までの期間を比較してみると決めやすいでしょう。

ノンバンク=高金利なのでダメ、ではありません。

良いところもたくさんあるのです。

東京には特にたくさん集まっているので比較してみると良いですね。