不動産担保ローンは所有する不動産を担保にしてお金を借りることで、無担保のカードローンなどよりも金利は安く、大きな金額が借りられると言われています。

不動産担保ローンを申し込むにあたり、いくつかの疑問を持つ人もいるようですので、よくある疑問とその答えについてまとめました。

《担保となるものがあれば大丈夫?》

自宅やそれ以外に不動産を持っているのであればそれを担保にして不動産担保ローンを申し込むことができます。

ですが不動産を担保にするということは、もし返済できなくなった場合はその不動産を失うことになるリスクがあります。

「払えなくなったら売れば良い」と考えている人もいるかもしれませんが、担保を売ってしまうことを前提とするような借り方はどの金融機関も勧めていません。

ですから担保となる不動産を持っていたとしても、返済能力がないと判断された人には融資してもらえない可能性があります。

《本人以外の名義の不動産でも大丈夫?》

担保にする不動産は申込人本人の名義でなくても大丈夫です。

例えば自分の配偶者であるとか親、親族名義の不動産を担保にして融資を申し込むことができます。

自分の持っている不動産よりも担保価値が高いものを選べばそれだけ多くの融資が受けられます。

地方よりも東京だと不動産の価値も高いです。

もちろん、その不動産保有者の同意を得ることが必要になります。

《金融機関に相談を》

東京などでは不動産担保ローンを扱う金融機関がたくさんあります。

まとまったお金が必要な場合は、まず相談してみると良いでしょう。

●おすすめサイトはこちら–>不動産担保ローン-金利4.1%より全国対応|ABCサニー